JSJのコラム

日本独自の「年功序列(ねんこうじょれつ)」について知っていますか?

日本独自の「年功序列(ねんこうじょれつ)」について知っていますか?

みなさんは「年功序列(ねんこうじょれつ)」ということばを聞いたことはありますか?これは日本特有の制度で、日本以外の国出身の人にはなじみのない制度であると思います。しかし、日本での就職を考えているみなさんにはぜひ知っていてもらいたいシステムなので今回ご紹介したいと思います!

年功序列とは?

年功序列とは、勤続年数(きんぞくねんすう)や年齢に応じて給料が上がったり、役職(役員、部長など)が与えられるという、日本の多くの企業が取り入れているシステムです。
このシステムでは、会社にどれだけの利益を出したかや、どれだけの働きをしたかにかかわらず、勤続年数や年齢とともに給料が上がっていきます。

外国の多くは成果主義(=年齢に関わらず良い結果を出した人が出世できる)なので、ちょっと不思議に感じるかもしれませんね。

なぜ日本で年功序列というシステムができたのか?

なぜこのようなシステムを取り入れているのかというと、
勤続年数が長いまたは年齢を重ねているということは、その会社においてスキルやノウハウ、経験を多く身に付けていることになり、そのぶん企業に貢献できることが増え(やれる仕事が増えた、部下に教える立場になる、責任のある判断をするなど)、
人材としての価値も高くなる、と考えられているからです。

みなさんもアルバイトを始めた当時と1年以上そのアルバイトを続けている場合ではやれることが全然違いますよね?もしかしたら時給も上がっているかもしれません。基本的にはそれと同じです。

とはいえ、本当に「勤続年数が長い=会社に貢献している」かどうかは疑問が残ります。
そのため、日本でも終身雇用制が崩れてきている、と言われていますが、まだまだ大企業はこの制度が残っていますね。

日本以外の国にもある?

ではほかの国には年功序列というシステムは存在するのでしょうか?
国によってさまざまですが、年功序列と成果主義のどちらも取り入れている企業が多いようです。ただし日本のように完全年功序列ということはなく、成果主義の割合のほうが大きようです。

たとえば韓国では、大手企業では日本と同じように基本的に年功序列ですが、それ以外に個人の成果給与があって、年功序列でも成果を出せないと成果給与ももらえない上に首になることもあるそうです。日本の終身雇用とは違い、いつでも首になるということですね。

年功序列のメリットデメリット

    • メリット
      1. チームワークが生まれる

勤続年数や年齢によって役職が決まるため、日本人が小さいころからなじんできた「先輩(年上の人)が後輩(年下の人)を指導する」という形がスムーズに受け入れられやすく、心理的な抵抗感(ていこうかん)が少なくてすみます。

      1. 仕事を教える意識を持ちやすい

①より、仕事は先輩から学ぶものであり、自分が先輩になれば後輩に手取り足取り仕事を教えるのは当然であるという社風が生まれやすくなります。先輩は後輩にポストを取られたり、給与面でも抜かされたりすることがないのだから、安心して仕事を教えることができるのです。

      1. ずっとこの会社で働こうというモチベーションになる

会社でこき使われようが、今我慢して働いていれば、きっと将来は自分にも出世して部下ができるからという思いが、仕事を投げ出したり、転職を思いとどませる効果があると言えます。これは働く意欲にもつながりますし、会社としても安定した人材を確保できるためメリットとなるでしょう。また、これは会社に守ってもらっているという愛社精神(あいしゃせいしん=ロイヤリティ)にもつながります。

    •  
    • デメリット
      1. 仕事をしない人が出てくる

必要最小限(ひつようさいしょうげん)の仕事だけをこなし、積極的に仕事をしない人もでてくるでしょう。なぜなら、大きなミスをしなければ、仕事をやめさせられることも、給与が下がることもなく、安心して働いていることができるからです。長期間在籍するだけで、毎年給与が上がるなら、と考える人も少なくないかもしれません。言われた仕事を言われた通り、怒られない程度にこなしていれば、毎年給料が上がるのです。

      1. 転職者(てんしょくしゃ)や非正規(ひせいき)雇用(こよう)に不利(ふり)である

同じ会社での勤続が大切なので、勤続年数の短い転職者が制度的に不利になります。また、派遣社員や契約社員などの非正規雇用は年功序列システムを利用することができず、給与を低くされてしまうのです。

      1. 若いときは給与が低い

ある程度の成果を出しても、年功序列が優先されるために、なかなか給与があがりません。そのため、若い間はお金がかかるような経験や体験をなかなかできないのです。ある程度の年齢になれば給与はあがるのでしょうが、若い間はどれだけ成果をあげても、少ない給与で我慢しなければならないことは年功序列制度の大きなデメリットと言えるでしょう。
ほかにもまだまだありますが、メリットデメリットはこんなものがあるようです。

みなさんはこれをみてどう思いましたか?
きっと自分の国とは全く違うと思った人もいるでしょう。年功序列というシステムはデメリットもありますが、安定という意味ではメリットも大きいシステムです。

日本企業に就職を考えるのであれば、ぜひ「終身雇用」について知っておいてくださいね。

〜At Next Stage Asia, we fully support foreigner’s job hunting in Japan〜


・Our agent will find the perfect matching jobs for you.
・Our agent will provide job hunting support such as correcting your resume, practice interview etc…

★Find suitable jobs from here       https://global.nsasia.co.jp/job
★Please register on our website       https://global.nsasia.co.jp/register

NSAにお問い合わせください
阿部 知子