JSJのコラム

残業(ざんぎょう)ってしなくちゃいけないの??

残業(ざんぎょう)ってしなくちゃいけないの??

【この記事に書かれていること】
海外の会社の多くは時間が来ればパッと仕事が終わりになりますが、日本の会社には残業(ざんぎょう)と呼ばれる、残って仕事をする習慣があります。残業とは義務なのでしょうか?

今回ご紹介するのは日本独自の文化かもしれない?「残業(ざんぎょう)」です。残業とは、仕事時間が終わっても残って仕事をする習慣。

残業はしなくちゃいけないの?

「日本人は勤勉」というポジティブなイメージがある一方で「働きすぎ」というイメージもあるため、勤務時間を気にする方が多く、こういった質問はよくあります。

「上司が帰ったあとでないと帰ってはいけない」などの強制的な残業は、そういった決まりがあるわけではなく、自分の上司が仕事を抱えているので少しでも手伝いをしたい・抱えている仕事を皆で分担して終わらせる、などと言った「心遣い」の一つあ、です。日本人の社会人にとって、その心遣いが常識と言われています。

残業が必要になった場合、それがどうしてもその日中に終えなければならない内容であれば大半の日本人は残業をして終えるよう努力をします。

どうしても残れない時は?

もちろん急な残業は、残れない場合もあるでしょう。そのような場合は「プライベートの約束をキャンセルしてまでやらなけれなならない内容か」「事情を話して翌日の対応で済む内容か」を判断してください。

最近では、日本でも「ワークライフバランス」を大切にする企業が増えてきました。仕事を効率化して労働時間の短縮を図ることを前提に、プライベートの時間を増やそうというものです。

まとめ

これまでのような残業ありきの働き方、仕事観は変わりつつあります。ワークライフバランスを大切にしているかどうかは、企業選びのポイントのひとつとして考えても良さそうです。

〜At Next Stage Asia, we fully support foreigner’s job hunting in Japan〜


・Our agent will find the perfect matching jobs for you.
・Our agent will provide job hunting support such as correcting your resume, practice interview etc…

★Find suitable jobs from here       https://global.nsasia.co.jp/job
★Please register on our website       https://global.nsasia.co.jp/register

NSAにお問い合わせください
外国人よくあるQ&A
阿部 知子